So-net無料ブログ作成

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の知識と運用その6

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の知識と運用その6


~自分の中の投資意識を変える~

投資は資産を増やしていくのに非常に適している方法でありますが、
投資を毛嫌いされていらっしゃる方も多いようです。

しかしながら投資を忌み嫌う方は、
実は投資を嫌っているのではなく投機を嫌っているのではないでしょうか?
ライブドアショックやサブプライム問題が起こった後、
株や金融商品は危険というイメージが定着してまいりました。
確かに株はハイリスクハイリターン商品でありますがだからと言って
全ての金融商品が危険というわけではないのです。

確かに危険な金融商品は存在します。
ひどいところになると高利率を大々的に宣伝した社債を発行し、
その数カ月後には倒産してしまうというパターンが存在します。
このように危険な金融商品を購入してしまわないよう、
我々はしっかりと金融商品についての知識を身につける必要があると言えると久保雅文は思います。

確かに投資をおこなわなければ危険な金融商品を買うこともありませんし、損失を被ることもありません。
しかし資産を今以上に増やしていきたい場合は適切な投資が必要となるのです。
ハイリターンを無理に狙う必要はありません。
ローリターンでもよろしければ優良な金融商品はたくさん存在します。

欲を出し過ぎると資産運用は失敗する傾向にあります。
第一に優先しなくてはいけないのが金融商品の安全性だと久保雅文は考えています。




久保雅文 億の富の作り方 久保雅文 本 久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ 久保雅文 画像

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の知識と運用その4

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の知識と運用その4


~貯蓄と投資のお金を別にする~

貯蓄用のお金と投資用のお金は別々に保管しておくのが良いでしょう。
やはりどんな時でもある程度の貯蓄は必要であり、資金の全てを投資に回してしまうのは得策ではありません。
全て投資に回してしまうとトラブルがあったときに対処できなくなってしまいます。

人生は何があるか分からないものです。
突然病気になってしまい予想外の医療費がかかるかもしれませんし、
生活費が足りなくなることも十分あり得るのです。
そのようなアクシデントに備えるために、ある程度の貯蓄は貯えておいた方が良いと久保雅文は考えます。

投資金額は多ければ多いほど理想ですが自分のお金を全て投資に回した方が良いという意味ではありません。
あくまでも資産運用は過剰資金でおこなうことが基本となります。
過剰資金を繰り出すのは難しいかもしれませんが、収入の一割を資産運用に回すことができれば上出来でしょう。

投資用の口座と貯蓄用の口座をつくっておくと便利かもしれません。
貯蓄用の口座のお金は投資には運用しないのです。
こうすることによってアクシデントが起こったとしても柔軟な対応が可能になります。
まずはお金がなければ何も始まらないのです。

過剰資金を投資に回すことは非常に良いことです。
しかし無理に回す必要はありません。人生は長いのですから、
ゆっくりと自分のペースで資産運用していけばいいのです。

貯蓄と投資の両方をおこなうのは少し大変かもしれませんが
是非おこなっていただきたい事柄の一つと久保雅文は思います。




久保雅文 億の富の作り方 久保雅文 本 久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ 久保雅文 画像

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の知識と運用その2

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の知識と運用その2


~複利の力を利用する~

アルバート・アインシュタインは言いました。「今世紀最大の発見は複利である!」と。

アインシュタインは皆さまもご存知の通り相対性理論を発見した学者であります。
そのアインシュタインが複利の力をここまで高く評価するのには訳があるのです。

複利とは配当金や利子で得た額をまた投資に充てて、
どんどんお金を生み出すサイクルをつくっていくことです。
億万長者になりたければ複利の力を利用すると良いでしょう。
計算によると百万円から投資を始めたとして年率二十%の利益を全て再投資に回した場合、
五十年後の総額は五百四十五億となります。

複利の力を利用し再投資すれば百万円が五百億以上に化けるのです!
とはいえ年率二十%で運用することは相当難しいと言えます。
少し極端な例ですが複利の効果を実感してもらうためにこの例を挙げさせて頂きました。

安定して年率二十パーセントの利益を上げるのは難しいかもしれませんが不可能ではありません。
ただし年率二十パーセントを目指す場合、それなりのリスクを受け入れる必要があるでしょう。
国債はローリスクですが年率二十%は期待できません。

資産運用は無理のない範囲で少しずつ資産を増やしていくことを久保雅文はお勧めします。
何も複利の効果は年率二十%に限った事ではありません。
年率五%の利益だとしても十分に複利の力は実証されるのです。




久保雅文 億の富の作り方 久保雅文 本 久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ 久保雅文 画像

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の種類その17

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の種類その17


「資産運用」というと難しいイメージがある方が多いと思いますが
身近で簡単にできる資産運用もたくさんあります。
今回は久保雅文が資産運用の種類についてご紹介したいと思います。


~外貨取引~

外貨取引は別名「FX」と呼ばれております。
外国の通貨を取引する資産運用で非常に高い人気を誇ります。

外貨取引の魅力はハイリターンが期待できることでしょう。
百万円から始めて資金を一億に増やした人も存在しておりその値上がり率は非常に魅力的です。
ハイリターンという点では外貨取引の右に出るものはいないかもしれません。

しかし外貨取引はかなり難しい資産運用方法だと言えると久保雅文は思います。。
よく言われている情報によると外貨取引をおこなっている人の九割が損をしているというデーターがあり、
ほとんどの場合負けてしまうのです。
一部の人が大勝ちをし、大抵の方が負けてしまうというのが外貨取引かもしれません。

外貨取引はバーチャルトレードという形で仮想取引をおこなうことも可能です。
仮想取引をおこないたい場合は証券会社に問い合わせてみると良いと久保雅文は思います。
仮想取引の資産ランキングも表示されており非常にやりがいがあります。
面白いことに何も取引していない人ほど上位に位置づけられる傾向があるようです。
一言で説明してしまうと外貨取引をした人のほとんどが資産を減らしているのです。

お金の価値は専門家でも予想が困難だと言われております。
外貨取引は素人が手を出すにはあまりにも危険すぎる資産運用だと言えると久保雅文は思います。

ハイリスクでも構わないという人のみが手を出すことが可能となります。
それほどリスクが高くリターンも大きいのです。




久保雅文 億の富の作り方 久保雅文 本 久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ 久保雅文 画像

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の種類その15

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の種類その15


「資産運用」というと難しいイメージがある方が多いと思いますが
身近で簡単にできる資産運用もたくさんあります。
今回は久保雅文が資産運用の種類についてご紹介したいと思います。


~貸株~

貸株はその名の通り株を貸して利子を受け取る制度です。
証券会社によって取り扱っているところも存在し、
株を保有している方は貸株をおこなうのも良いと久保雅文は思います。

貸株は株を証券会社に貸し出し、価格分の利子を受け取ることです。
利子は0.3%が今のところ最高となっております。
利子がたくさんもらえるとは言い難いですが売る予定のない株を保有している場合は、
株を貸しだして効率的にお金を増やしていくことが可能なのです。

自分の株を貸したとしても売却は自由にできるところが多く、
配当金も配当金相当額としてもらうことができます。
証券会社によっては株主優待の日に貸株を自動解約にしているところも存在し、
個人株主にとって非常に利便性の高い資産運用方法となっているのです。

このように一見素晴らしい仕組みのように思われますが貸株には大きなリスクが存在します。
それは貸株を利用している最中に証券会社が潰れてしまうと、貸した分の株が保証されないという点です。

貸株を行っている期間は株の名義が証券会社に移行しているため、
名義が移行しているときに貸出先の証券会社が潰れてしまうと株も戻ってこないのです。
貸株での資産運用は実はかなりのリスクを持ち合わせているのです。

貸株をおこなう際は貸出先の証券会社の財務状況が健全かどうか調べる必要があるでしょう。
潰れてしまったら大変なことになってしまうのでリスクを取りたくない方には
久保雅文はあまりお勧めできない資産運用方法であります。




久保雅文 億の富の作り方 久保雅文 本 久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ 久保雅文 画像

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の種類その13

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の種類その13


「資産運用」というと難しいイメージがある方が多いと思いますが
身近で簡単にできる資産運用もたくさんあります。
今回は久保雅文が資産運用の種類についてご紹介したいと思います。


~外国株投資~

証券会社にもよりますが、日本国内に住んでいても外国の株を購入することは可能です。
これも立派な資産運用の一つであり、
将来性のある国の株を保有することは大きなリターンに繋がるかもしれないのです。

最近では中国の成長が著しく、経済国家の名にふさわしい経済成長を遂げております。
他にもベトナムやインドネシアなどが成長を続けており、
新興国の会社の株を保有することは適切な資産運用の一つと言えると久保雅文は思います。

外国株は日本の株よりも多くの配当金が支払われる傾向にあります。
アメリカの会社は株主の利益を第一としている会社が多く、
その意識の強さから大変な額の配当金を支払っている会社も多く存在します。
日本ではまだまだ株主重視の意識が弱い会社も多く、
そういう会社は配当金の額も少ない傾向にあるようです。

外国株は非常に難しく、
大きなリスクとリターンが隣り合わせになっている資産運用だと言えるでしょう。
外国株の場合会社の業績だけでなく為替リスクも考慮しなくてはなりません。
為替の知識と株を購入する会社の知識は必須であり、更に将来性を見抜く能力が必要になるのです。
国そのものの成長性も考慮しなくてはなりません。

外国株投資は知識のない方にはあまりお勧めできません。
しかし成長を望める国の会社の株を買うことができれば大きなリターンが期待できるのです。

外国株は難しい分野でありますが興味のある方は是非チャレンジしてみることを久保雅文はお勧めします。




久保雅文 億の富の作り方 久保雅文 本 久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ 久保雅文 画像

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の種類その11

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の種類その11


「資産運用」というと難しいイメージがある方が多いと思いますが
身近で簡単にできる資産運用もたくさんあります。
今回は久保雅文が資産運用の種類についてご紹介したいと思います。


~株投資~

株投資は投資の中で最もポピュラーと言えるかもしれません。
株の名前を聞いたことない人はあまりいないでしょう。
株は資本主義社会の象徴となっているものであり、
会社が効率よく資金を調達するために使われる手段でもあります。

株を買って資産運用することは大変面白いものです。
株は儲けるために専門の知識が必要となりますが、初心者でも手軽に買えるのがうりです。
基本的に株は長期投資を前提としており、
株を保有しているだけで配当金が得られる会社も存在します。

株投資のメリットは少額から資産運用ができる点でしょう。
まとまった資金は必要ありません。
もちろん資産運用を行う上で資金は多ければ多いほど有利なのですが、
株は資金が少なくても購入することが可能です。

一番安い株だと一株一円で売られている株も存在します。
一円あれば株主になれるのです。
しかしそういう株は配当金が貰えない場合が多く、
業績も非常に悪化しているケースが多いためあまりお勧めできません。
激安株は投資ではなく短期売買の投機として活用される場合が多いのです。
(一円で買って二円で売るという具合に)

株はリターンが高い投資方法としてよく知られております。
しかし株はハイリスクな資産運用となっているため、
元本割れを避けたい人にとってはお勧めできません。

逆にハイリスクハイリターンを望んでいる方は株への投資が魅力的に映ると久保雅文は思います。
興味のある方は株での資産運用を検討してみてください。




久保雅文 億の富の作り方 久保雅文 本 久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ 久保雅文 画像

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の種類その7

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の種類その7


「資産運用」というと難しいイメージがある方が多いと思いますが
身近で簡単にできる資産運用もたくさんあります。
今回は久保雅文が資産運用の種類についてご紹介したいと思います。


~社債~

社債は会社独自で発行しているもので借金と同様に扱われます。
その利率は会社によっても差が出ますが、基本的に高い利率を誇る社債はリスクが高い傾向にあります。
(もちろんそうではない社債も存在します)

なぜ会社が社債を発行するのか?
それは銀行や金融機関からお金を借りるよりも安い利率で
お金が調達できるメリットがあるからだと久保雅文は思います。
社債は借金なので返済する義務があります。
多くの場合は年数が指定してあり、それに伴い利率も設定されております。

購入代金は社債によって異なります。
百万円を支払わないと買えない社債も存在し、財産が多い方でないとなかなか購入できません。
また人気のある社債だとすぐに売り切れてしまうため、
人気のある社債を狙う場合は急いで買わなければならないのです。

社債はその会社が潰れてしまったら戻ってこないケースがほとんどです。
社債は借金なので返済不能状態に陥ってしまったらお金は返ってこないのです。
このように社債は大きなリスクが存在するといえるでしょう。

しかし会社が存続し続けた場合、社債の購入代金が利子つきで返ってくるためリターンは大きいと言えます。

大きなリターンを狙うのならば社債の購入も検討すると良いかもしれません。
社債を買うときは今後長期的に継続できる会社かどうか見極める必要があるでしょう。
明日にでも潰れる危険性のある会社の社債を買うのは非常に危ないと久保雅文は考えます。




久保雅文 億の富の作り方 久保雅文 本 久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ 久保雅文 画像

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。